コロちゃん。

スポンサーリンク


早朝、実家で暮らす母親から一本の電話・・・。
嫌な予感がしたのですが出てみるとやはり涙まじりの声。

なんとなく、わかってはいたのですが・・・愛犬であり大切な家族であるコロちゃんの永眠。
約15年の生涯でした。
その生涯、ずっと家を守り家族も見守ってくれました。

すっかりおじいちゃんになり小屋に籠ることも多かったのですが、
亡くなる前日もしっかり散歩をしたそうです。

最近はあまり実家に帰れず、世話もろくに出来ませんでしたが・・・
わたくしの父親、母親の愛情を受けて幸せな生涯になったことだろうと思います。

P1010734.jpg

今までありがとね。
ゆっくり休んで・・・産まれ変わってまた父親と母親のもとに帰っておいで。

2012年3月3日撮影
関連記事

スポンサーリンク


 家族

2 Comments

ときな。  

つぶさん>

優しいお言葉ありがとうございます。
きっとコロも天国で喜んでいると思います(^-^)

この写真、ちょっと前に実家に帰った時に撮ったのですが・・・
なんとなく撮っておかなければいけないような気がしました。
きっと自分の中でもそんな前兆があったのでしょうね。

以前はもう少し精悍な面持ちだったのですが、
歳をとるに連れ柔らかい優しい瞳に変わっていきました。
父親、母親との充実した毎日がそうさせたのでしょうね。

今年は寒いせいかそんな話をいろいろなところで耳にするので・・・
少々気が重いですね(^_^;)
でも前向きに・・・あるいていければと思います。

2012/03/20 (Tue) 04:28 | EDIT | REPLY |   

つぶ  

あ…コロちゃん、天国に行ってしまったんですね。

コロちゃんの愛くるしい瞳が、何とも言えません。
私は会ったことはないけれど、すごく優しい目をしています。
きっと幸せだったんですね。

私も…とても悲しい。

…きっと天国でも、ときな。さんたちを見守ってくれることでしょう。
ご冥福、お祈りいたします。

2012/03/19 (Mon) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Add your comment