収穫の秋。

スポンサーリンク


TKN_4209.jpg

妙義山の下、黄金色に輝く田園・・・
今年もまたきれいなコントラストが田舎に映え渡ります。

実ったお米の収穫作業。
こちらもまた秋の恒例行事である稲刈り

母親方の実家の農作業のお手伝い。
運動会翌日のお日柄の良い日曜日に行われた稲刈りの様子です。

スポンサーリンク


TKN_4208.jpg

雨にも負けず、風にも負けず・・・元気に育った自然の恵み。
これから1年間、ほぼ毎日いただくお米の収穫。

TKN_4205.jpg

汽笛を鳴らし信越線の2両編成の車両が行き交います。
それを眺めながら、ゆるりと農作業。

TKN_4216.jpg

1年に1回、稲刈りの時期だけ登場するコンバイン
毎年ながら動かし方を思いだすのが最初の仕事。

TKN_4219.jpg

手慣れた伯父と一緒にコンバインを動かします。
その周りでは両親や親族が援護射撃。

真剣に作業をしているとあっと言う間にお昼を迎えます。

TKN_4227.jpg

こちらも毎年恒例、外ごはん
今年は妹がつくってくれたカレーです。

TKN_4225.jpg

青空の下、家族でいただくちょっと非日常のランチ。
気分はまさに青空満点レストラン・・・。

TKN_4224.jpg

揚げ物は安中市原一にある原一ミートさんのとんかつ。
幼少の頃から馴染のある我が家定番のお肉屋さんの揚げ物です。

うんまいカレーと揚げ物を頬張り、午後もひと踏ん張り。

TKN_4230.jpg

今年も稲刈りが無事に終了しました。

毎年恒例の我が家のイベント。
家族総出で行う農作業。

ゆるりと時間が流れる田舎での農作業、大変ながら意外と好きだったりします。
近く出来あがる今年の新米・・・今から楽しみです。
関連記事

 家族

2 Comments

ときな。  

えるさん>

どこもそうだと思いますが・・・専業農家って本当に少なくなってしまいましたね。
専業で頑張ってきたお年寄りが引退していく今日この頃・・・
どこもかしこも兼業で終いには実家の近くも農家がなくなってしまいそうです。
若い人がもっと農業に取り組める世の中にしてほしいですね。

専業の祖父の代まではたくさんあった田んぼも今はずいぶんと縮小し、
家族親族が一年間食べられる量しか作らなくなってしまいました(+_+)

家族総出での農作業。
田んぼで食べる10時と15時のおやつにお昼ごはん・・・
これが意外といいんですよね(*^_^*)

うちもそうなのですが、おやつにパンが出てくるところがすごいですよね。笑
その時ばっかりは本当に市販パンがおいしく感じられます。
きっとその場の雰囲気が手伝っているんでしょうね♪

2012/10/17 (Wed) 06:23 | EDIT | REPLY |   

える  

稲刈り

実家の稲刈りは、毎年手伝ってました。
群馬に来る前は〜
今は遠くなり、手伝いもいけず、両親は年おいて、頼んでコンバインになってしまいました。
寂しい〜

家族や親戚みんなで、稲刈りして、天日干ししたあの頃が懐かしいです。
おやつのあんぱんも美味しかった。

群馬にきて、近所の稲刈りを息子とお願いして最初の年に手伝いさせてもらいました。でも、すごく気を使われてしまって。実家が近いのはありがたいことです。

2012/10/16 (Tue) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Add your comment