榛名山ヒルクライムin高崎に向けて。

スポンサーリンク


TKN_1762.jpg

2013年5月18-19日に開催される榛名山ヒルクライムin高崎
文字通り榛名山を自転車で登っていく過酷なレースです。

コースは高崎市役所榛名支所をスタート地点とし初心者コース、榛名神社コース・・・
そして榛名湖までの一般コースと、3コースに分かれています。

ロードバイク乗りである旧友の誘いを受け、わたくしもこの大会にエントリーをしました。

とは言いつつも旧友、わたくし共に普段はあまり自転車に乗らないサンデーライダー。
ほぼ初心者の我らが選んだコースは・・・無謀にも榛名湖までの一般コース

ノリと勢いにも程があり、完走出来るかも疑問の我ら。

勢いだけではまずいだろうと24日(日)、まずはコースの試走をと・・・
車に自転車を載せ、榛名の麓を目指します。

スポンサーリンク


TKN_1766.jpg

曇天模様のこの日、榛名方面へ向かうに連れパラパラと雨が・・・。

榛名支所北側にある試走者用の滑川駐車場で旧友と落ち合うも、
この天気に少しばかり意気消沈。

折角来たのだからと・・・朝も早よから満を持して自転車を走らせ始めます。

TKN_1759.jpg

しかしながらお天気は味方してくれず、終始霧雨の中、目指すは榛名湖。
スタート地点から急勾配の坂がお出迎えしてくれます。

漕ぎ続けないと止まってしまう自転車。
身体全身を使ってペダルを踏み、まずは榛名神社を目指します。

時間と我を忘れて踏むペダル。
徐々に勾配が増していく坂道に奪われる体力・・・。

TKN_1754.jpg

漕ぎ続けるとようやく現れた榛名神社。

この時点で体力の限界は来るもあとは気力のみで、
自転車を漕ぎ続け榛名湖を目指します。

TKN_1765.jpg

榛名神社から榛名湖まではわずか3~4キロ。

しかしながら襲ってくるのは今までに経験したことのない最大勾配14%の急坂。
それと同時に視界を遮る霧と強くなる雨は容赦なく。

無我夢中でペダルを踏み続けます。

TKN_1753_20130325063136.jpg

スタートから約1時間20分・・・
ようやく一般コースのゴール地点である天神峠へ到着。

地に足を付けず、本当になんとかゴールをすることが出来ました。

TKN_1733.jpg

しかしながら下調べを全くしてこなかった初心者のわたくし。
ゴールの場所がわからず榛名湖畔のここいらまで自転車を走らせました。

TKN_1740.jpg

オフシーズン、かつ曇天模様の榛名湖畔は閑散としどこか寂しい印象を受けます。

TKN_1744.jpg

スワンボートもどこかもの悲しげな表情で・・・
とそんなことを考えているとお次に襲ってくるのは極度の冷え。

山頂の寒さが汗びっしょりのウエアを包みます。

TKN_1746.jpg

折角背負ってきた一眼レフカメラの出番は少なく、
記念写真もあまり撮れぬまま登ってきた道をトンボ帰り。

TKN_1749.jpg

雨に濡れた急勾配をゆっくりと・・・ブレーキをかけながら降りて行きます。

冷え切った身体はガチガチに震え、
悴んだ手は感覚を失い・・・

ある意味ここが一番きつかったかもしれません。

兎にも角にも無事にスタート地点の駐車場へ。
持ってきた温かい珈琲が冷え切った身体に浸み渡ります。

TKN_1751.jpg

そんな初心者のクロスバイカー乗りが贈る榛名山ヒルクライムin高崎の試走レポ・・・
天気がよければまた違った印象を受けたのかもしれません。

ともあれ大会本番までもう2ヵ月を切っているので、
更に身体を鍛えていかないといけませんね。

まずは一緒に榛名山を試走した旧友にお疲れ様。
翌日の月曜日は筋肉痛に喘いでいることと・・・思います。笑

P.S 写真はヒルクライム後の帰り道に撮影したものです。
関連記事

 高崎

0 Comments

Add your comment