母なる妙義の山を背に。

スポンサーリンク


TKN_6873.jpg

6月の初旬に苗を植えてから約4ヵ月・・・
今年も収穫の秋がやってきました。

毎年この時期に行われる実家の稲刈り。
そのお手伝いは自身の年間行事にしっかりと組み込まれています。

気が付けば、今年ももうそんな季節。
家族、親族総出で二枚の田圃の稲刈りが始まります。

スポンサーリンク


TKN_6852.jpg

10月中旬、三連休の農作業。

風は少し強いものの暑くもなく寒くもなく、ちょうどいいお日柄。
カラッとした秋晴れに見舞われます。

TKN_6833.jpg

黄金色に輝く稲の穂は頭を垂らし、
収穫されるのを待ちわびます。

TKN_6839.jpg

毎年一回、この時だけの愛車はこちら。

もちろん普段は動かすことはなく、
あがってしまったバッテリーの充電からスタート。

TKN_6842.jpg

母なる妙義の山を背に、
ゆるりとした農作業を行います。

TKN_6838.jpg

台風の影響で倒れてしまった稲が多い本年。
その部分の刈取りって意外と大変だったりします。

しかしながら穏やかな陽気と秋の風が手助け。
朝露に濡れる稲は瞬く間に乾きます。

TKN_6836.jpg

ともなると作業はサクサクと、
コンバインのご機嫌もよく稲を刈り取ります。

TKN_6862.jpg

思いの外はやく・・・
大きなトラブルもなく終了することができました。

もう程なくすると収穫されたお米が新米として、
我が家にも届きます。

収穫の秋のお次は食欲の秋ですね。

TKN_6880.jpg

お父ちゃん達が頑張って収穫したお米です。
残すことなくいっぱい食べて大きくなるんだよ。
関連記事

 家族

0 Comments

Add your comment