その冠の名の如く。

スポンサーリンク


TKN_9456a.jpg

7日未明から8日にかけて、
「20年に一度の・・・」と冠の付く大雪が降りました。

群馬でも平野部ならと甘く考えていたのは間違えで、
いつになく深々と降る雪は絶え間なく・・・。

翌日起きてみれば20cm以上の積雪に見舞われます。

その冠の名の如く玄関を開けてみれば、
足の踏み場もない程の大雪が庭に鎮座しておりました。

無論・・・雪かき用のスコップなど所持しておらず、
代用品で黙々と。

夜も明けぬ3:30から約5時間・・・
ひとりで雪をかきわけました。

こども達のハイテンションとは裏腹にお父ちゃんはぐったり。

その日はどこの家庭でもいつもより大きな雪だるま。
更にはカマクラまで登場しておりました。

もたらされた大雪と雪かき後の筋肉痛、
暫く残ることと思います・・・。

何より足元滑りやすくなっております。
ご注意下さい。
関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Add your comment