記録的な大雪の残した爪後はとても大きく。

スポンサーリンク


TKN_9570.jpg

「20年に一度」の大雪を各地にもたらせた先週末

それからちょうど1週間後となる14日(金)の朝から、
シトシトとまた雪が降り始めます。

とどまることなく降る雪はどんどんと地を覆い嵩を増し、
気が付けば辺りは一面大雪に埋め尽くされます。

今回は「記録的な」と言う冠が付く・・・
むしろ先週末のそれよりもひどい事態となりました。

スポンサーリンク


TKN_9564.jpg

先週末より長時間に渡り降る雪はなかなか止まず、
積雪はゆうに50cmは超えたように思えます。

雪の自重に耐えられず倒壊した、
カーポートやテラス屋根が多く見受けられました。

深夜から始めた自身の懸命な雪かきのおかげか、
我が家は大事には至らなかったものの・・・

記録的な大雪の残した爪後はとても大きく。

災害の少ない群馬県において、
この大雪は災害と呼べるレベルです。

数日間は正常なライフラインの復旧は望めないことと・・・。
これ以上の被害の拡大がないとこを切に願います。

何より先週末以上に足元滑りやすくなっております。
何方様も車の運転、歩行などご注意下さい。
関連記事

0 Comments

Add your comment