たわわに実ることを祈り。

スポンサーリンク


IMG_0613_2015061506312505e.jpg

毎年恒例、年に1度の泥んこ遊び・・・
と称して今年も実家の田植えのお手伝いをば。

群馬県西部・・・この界隈の田圃では概ね今時分、
どこもかしこも田植え機の音が響き渡ります。

毎年お手伝いをしている訳ですが、
ここ数年はお手伝いと言うよりは主戦力と化し。

年に1度のことなれど毎年作業をしていれば、
要領宜しくテキパキとした身のこなし。

準備が整えばゆーっくり進む田植え機に乗り、
真っ直ぐ真っ直ぐ・・・稲を植え付けていきます。

そのハンドル捌きは集中力と神経を要し。

梅雨時期なれどお天気に恵まれ・・・
なんて言っている場合ではないほど暑く。

動かずとも汗は滴り、
動き回れば汗は滝のように流れ。

ギラギラの太陽に体力と気力は奪われます。

見た目以上に重労働な農作業。
おかげで翌日から全身筋肉痛に襲われております。
(現在進行形)

植えた苗は秋に向け、たわわに実ることを祈り。
今年もおいしいの・・・期待しています。
関連記事

スポンサーリンク


 安中

0 Comments

Add your comment