お腹にはいっぱいのスイカがおさまり。

スポンサーリンク


DSC00268.jpg

毎年・・・夏休みに入る少し前に開催される
幼稚園でのイベントが「納涼祭」。

梅雨時期なれど不思議とこの日に雨は降らず、
照らす夕日が気温と気持ちを昂らせ。

陽が暮れる頃から提灯が灯り、
園児と父兄で賑わう様はまるで夏祭りのよう。

スイカ割りやら盆踊りやら・・・
夏の風物詩を一足早く楽しみます。

甚平を羽織る年長の次男は勇ましく、
浴衣を纏う年少の長女は艶やかで。

更には卒園生の長男も甚平姿で参加、
そしてお父ちゃんも例年通り撮影班で潜入です。

スポンサーリンク


DSC00213.jpg

DSC00238.jpg

DSC00228.jpg

DSC00235.jpg

DSC00287.jpg

DSC00250.jpg

DSC00265.jpg

DSC00271.jpg

夕暮れあたりからスタートとなる納涼祭。

陽が沈めば「外で遊ぶ」ことは滅多になく、
その非日常はこども達においてとても楽しそうに。

ましてや「祭」の文字が入れば尚更のこと。

お土産に花火をもらい、
お腹にはいっぱいのスイカがおさまり。

DSC00209.jpg


関連記事

 家族

0 Comments

Add your comment